xharukoの日記

妊娠、出産、育児の中で思った事をつれづれ書きます

女児向け玩具の話

クリスマス商戦が始まり、我が家の娘は玩具売場に置かれている商品カタログを見つけてはあれこれ集めています。近頃は「うまれて!ウーモ」、「Rizmo(リズモ)」、「とんで!オウリー」等のサプライズトイと分類される玩具が気になっているようです。
毛玉をお風呂に入れてやると動物のぬいぐるみに変身する「WHO are YOU?」を娘は既に持っているのですが、持ち主が玩具に対して何かをすると玩具が成長するサプライズトイは一気に市場が開拓され、今では様々な商品が発売されています。そしてそのジャンルに新たな商品が登場しました。


爆売れ市場を狙え セガトイズ「出産体験玩具」はヒットするか
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/00687/?i_cid=nbpnxr_index

セガトイズ(東京・台東)が意外性のある新ジャンルのおもちゃでクリスマス商戦に勝負をかける。2019年10月31日発売の「夢ペット 産んじゃったシリーズ」は、ぬいぐるみをなでながらお産を応援する、未就学児向け知育玩具。

なんと、ペットの出産のお手伝いを体験する玩具が発売されたというのです。リアルさを追求し足の間から出るようにした試作品はモニターの子どもたちに不評だったらしく、ぬいぐるみが出産する時にはキラキラとした効果音が鳴り、お腹が開いて赤ちゃんぬいぐるみが取り出せるようになるとの事。
自分の服にぬいぐるみを幾つも詰め込んで出産ごっこをしていた事のある我が家の娘がこの商品を知ったならば、欲しい物リストの順位変動がありそうです。

玩具売り場に行くと女児向けのコーナーにも様々な玩具が並んでいますが、男児向けのコーナーと比較すると純粋に「玩具」と言うべきなのか引っ掛かるものがあります。
大人の真似をするままごと遊びは子どもたちの遊びの定番ですが、女児向け玩具は男児向け玩具と異なり、心なしか生活感を感じるのです。赤ちゃんのお世話遊びが出来るもの、調理ごっこやスーパーマーケットごっこが出来るもの、掃除機の玩具、着せ替えの人形、ヘアメイク玩具、手芸遊びが出来るもの等、大人になった時の練習になる玩具が多いような気がするのです。
男児向けの玩具が変身アイテムだったり電車、自動車、動物の模型だったりするのに比較すると、女児向けとして売られている玩具は本当に「玩具」なのだろうかと思ってしまうのです。

玩具メーカーバンダイはトイ事業部内の「ボーイズ事業部」「ガールズ事業部」等を改編し、「ブランドデザイン部」、「カテゴリーデザイン部」、「ネットワークトイ企画部」としたそうです。それでもやはり、販売する玩具店は「ブランドデザイン部」の製品を女児向けコーナーと男児向けコーナーに分けると思いますし、消費者側も男の子へのプレゼントを探そうと思った時にいきなりプリキュアコーナーには行かないだろうなと思います。

「夢ペット 産んじゃったシリーズ」も、ぬいぐるみの可愛さから思うに女児向けなのでしょう。手元にある玩具カタログでも、この商品を紹介しているページに登場している子どもは全員が女児でした。

f:id:xharuko:20191125110840j:plain

子育ては夫婦でするもの、男も家事をやるべき、という意識は増えつつあっても、育児や家事のごっこ遊び玩具は女児向けコーナーに陳列されています。
まだまだ男性も家事をする事が浸透しきれていない中で、女性は女児の頃から遊びを通して家事の経験を積んでいたのでは、家事レベルに男女差がつくのも当然ではないかと、玩具カタログを見てぼんやりと考えてしまいました。

もっと女児にも純粋に「玩具」として遊べる何かがあれば良いのに。我が家の息子が欲しがる玩具はプラレールですが、それと同質の女児向け玩具は何だろうかと思うのです。
車両などを集めるコレクション性、レールや情景パーツを組み合わせるパズル性、自分で物語をつくる創造性がプラレール等にはあると思います。女児向けではシルバニアファミリーがそれに当てはまりそうですが、情景セットは家屋が基本なので、ごっこ遊び中は家事の再現になってしまいます。

男児が多く遊ぶであろうゲーム「ポケットモンスター」シリーズはポケモンを進化させる事が出来る点がサプライズトイに通じるものがありますが、ゲーム内での事なのでプレイヤーはボタンを操作するだけで(ゲーム内の時間を進めなければならないらしい)、自分が実際にした何らかの行動がポケモンの進化に影響する訳ではないようです。
ポケモンGO」はポケモンの卵を孵化させる為にはプレイヤーが指定された距離を歩く必要があるらしいのですが、歩くだけなのでそれをサプライズトイの「お世話」と同じと考える事は少々難しいように思います。
撫でてやる事やお風呂に入れてやる事、遊んであげる事でポケモンが進化すれば面白いのになと考えたところで、男の子向けの趣味の中には昆虫の飼育があったなと思い至りました。
しかし、もし仮に昆虫のお世話をして羽化させる玩具が発売されたとしても、それは趣味にしかならず、将来の子どもの世話に通じるとはならないような気がします。
男がする料理は「家事」ではなく「趣味」だと、以前何かで読んだ事があります。ならば男性は生き物の世話やその疑似体験も、さほど将来の育児の練習には繋がらないのかも知れません。

玩具売り場を歩くと、将来嫌でもする事になるのだから、子どものうちは家事の真似事なんてしなくても良いのに、と女児向け玩具を見て思います。
そんなに早く大人になろうとしなくても良いんだよと、大人になってしまった元女児として何だか切なく思うのです。